恋と嘘2話のまとめ 考察や評価感想 タイトルの意味が分かった回 アニメ
キャプチャ_2017_07_12_19_23_44_292

(*・ω・)恋と嘘2話の内容をキャラに焦点を当てて
まとめました。
間違っている点があったら、コメントで指摘していただけると嬉しいです。

根島由佳吏
キャプチャ_2017_07_12_16_32_35_363
結婚相手である真田莉々奈と合う約束をバックレて、学校にやってきた彼を、我々は捉えることが出来た。

彼が学校にやってきた理由を聞くことができた。彼曰く「結婚相手が決まったが、高崎さんの事が好きだという気持ちは、少しも変わっていないから」(本人談)だそうだ。
更に、真剣な顔「他の子と結婚なんて・・・その前に高崎さんと話したかった」(本人談)と熱く語ってくれた。
しかし、当の高崎さんには逃げられてしまう。
その後、ショックのあまり、彼の記憶ははっきりとしていないが、当初の約束通りに、結婚相手である真田莉々奈と対面することになった。

高崎美咲
キャプチャ_2017_07_12_17_37_11_931
根島由佳吏が学校に来ている事を知った彼女は、彼に会いに行った。
これは、彼に気持ちを伝えるためのものだったが、それは同時に、恋の終わりを宣言することと同義であった。
しかし、これは彼女の本心ではなかったのだ。
我々は、根島から気持ちを伝えられた時、彼女が自分の本心と葛藤している時の顔を捉えることが出来た。以下の画像がそれである。
キャプチャ_2017_07_12_17_37_14_672
不幸なことに、ドア先輩が彼女の顔を隠していた(許せん)。顔を合わせると話しづらかったため、当初はドア越しで話していたが、偽りの気持ちをはっきりと伝えるためにドアを開けて「私ね、思い出にしようと言ったの」(本人談)。と言った。
彼女は彼との思い出を過去の物にしたかったのだ。
そして、彼にもそうして欲しかった。(本心でない)。
WAC(マックモドキ)にて、真田莉々奈から「今、根島のことをどう思うか?」と聞かれた際は笑顔で「後頭部のつむじがいいと思うの!」(本人談)などと言い、本心を隠した。
キャプチャ_2017_07_12_17_58_27_416
その後に、真田から根島の何が好きなのかと確信にせまる質問をされるも、質問を遮るように言葉をまくし立てていた。
その後、何気なさを装いながら真田に対して、「根島君のどこがいいと思う?」と質問をぶつけた瞬間を我々は見逃さなかった。驚いた拍子に、私はコーヒーをこぼしてしまったよ。
その、答えを聞いた時の高崎の顔には彼女の本心が見顔を出していた。以下の画像が、その時の顔である。
キャプチャ_2017_07_12_17_52_08_963

真田莉々奈
キャプチャ_2017_07_12_18_05_04_944
根島の結婚相手である。
理城学院の生徒であり、成績は学年でトップの天才である。学部は文学部。あだ名はサナダムシ
当初の約束通り、根島と初めて対面するも、彼の失礼な態度に怒り、自分の着ていた制服を投げつけた(なんてご褒美だ)。
以下の画像の根島を見てくれ。これは怒るのも無理はない。完全に目が4んでいるのが分かると思う。
キャプチャ_2017_07_12_18_11_02_757
この後、彼の顔を直視しながら「こんなのと結婚なんて、私、絶対嫌だから」と宣言し、部屋を出ていった。一日のうち2回も女に逃げられた根島くんは、誇りに思ってくれていい。
そしてこの後、彼女は学年トップの頭脳の片鱗を見せるのだ。
布団がしまってある部屋に隠れていた彼女は、彼に見つかると、彼を部屋の中に強引に引き込んだ。
そして、以下のようなシチュエーションを作り出した。
キャプチャ_2017_07_12_18_17_15_241
そして、「もうお嫁に行けない、どう責任取ってくれるのよ・・・」と涙ながらに訴えたのだ。
それだけではない。
恐ろしいことに、彼女は胸のボタンを外していたのだ。
キャプチャ_2017_07_12_18_22_13_750
我々は、そのあまりの狡猾さに震えあがった。
しかし、彼女の策略はまだ終わりではなかった。
彼女は、根島を後日の学校へ呼び出した。
そこで、彼女は自分のことについて語りだした。「何もおかしくないぞ?」と思われた方々がいるだろう。
そんなはずはないのだ、なんと、彼女はパンツ姿だったのだ!
キャプチャ_2017_07_12_18_30_45_462
彼女は自分自身のことを多く語った。自分は空気の読めないところがあり、友達が一人もいない。クラスにうまく馴染めない。その結果、サナダムシなどという不名誉なあだ名をつけられたと。
根島と高崎の恋の話を聞きたかった彼女は、高崎と接触する。その話は、高崎の章を見直してほしい。
キャプチャ_2017_07_12_18_39_06_6
会話を終えた彼女は高崎という初めての友達が出来たことを喜び泣いた。そして、彼に高崎ともう一度キsすることを提案した。
ここで、真田莉々奈の両親からクレームがあったので書くが、彼女は天然なだけで、悪人ではない(真顔)。

仁坂悠介
キャプチャ_2017_07_12_18_47_03_853
他のクラスメイトがいる状況で、高崎に対して、根島の結婚相手の写真を見たいかと質問をした極悪人である。高崎の気持ちを見抜いている人物だと思われる。

高崎美咲の専属ボディーガード
キャプチャ_2017_07_12_18_43_45_906
高崎美咲の友人であり、いざとなったら高崎を守る盾になってくれるはずだ。彼女は柔道をやっているに違いない。もう一人の金髪の方は、キックボクシングの経験者か?。
キャプチャ_2017_07_04_15_30_35_363
(*・ω・)2話も面白かったですね。今回はタイトルの通り、「恋と嘘」まんまでしたね。
ポンサーリンク