Fate/Apocrypha】4話のガチ考察と感想 戦闘関連 後半は感動的 アポクリファ アニメ
キャプチャ_2017_07_23_14_45_12_522

この記事を読むのにかかる時間:約1分40秒
こんにちは。
考察の鬼(妄想バカ)の管理人が「Fate/Apocrypha」4話を見て、思った事や感じた事を記事にしました。

4話は、バトルシーンが多くてテンション上がりっぱなしの回でした(ウッキウキ)。
後半では、アストルフォの信念や、ジークフリートの願望などが明らかにされました。

それでは内容に入っていきます!

キャプチャ_2017_07_23_14_02_14_613
赤のバーサーカーを監視するアタランテ(手前)とアキレウス(奥)。

アタランテは赤のアーチャーで、アキレウスは赤のライダー。
彼らによると、自分のマスターを見た事がなく見た事があるのはコトミネ神父のみのようです。

これは、赤側によるマスター殺害への対策と考えられます。
聖杯大戦においても、サーヴァントよりもマスターを排除する事の方が簡単なので、マスターの場所を掴ませない方が有利です。

キャプチャ_2017_07_23_14_22_13_917
アストルフォvs黒のバーサーカー戦にて。

ここで、アストルフォの槍の秘密が1つ明らかになりました。

槍に触れたものを強制的に霊体化させる力があるようです。
しかし、一つ気になったのは「強制的にを霊体化させる」とアストルフォが発言していた点です。

ライダーだけに、足だけにしか効果ないということはないですよね?
今回狙ったのが、足だったゆえの発言だったらいいのですが。
少し、心配です。

キャプチャ_2017_07_23_14_30_53_474
黒のサーヴァント達に蹂躙され、戦いに敗れた赤のバーサーカー

このバーサーカーの正体は分からず仕舞いでしたね(残念)。
しかし、「圧制者!」というワードを多用していることから、虐げられている側の人間だということが分かります。
キャプチャ_2017_07_23_14_38_37_291
だとしたら奴隷かと思ったのですが、下半身にスカートを装備して剣を持っているので剣闘士のようにも見えますね。

黒の陣営のキャスターが、このバーサーカーのパスを切断して強制的に契約し、自分達の陣営に引き込もうとしているようです。
まだ出番がありそうで何よりです(意外と好きですバーサーカー)。

キャプチャ_2017_07_23_14_45_12_522
アキレウスvsフランケン(可愛い)andジークフリート

強さ判定 アキレウス-ジークフリート>フランケン
アキレウスは、ライダーなのに近接戦闘が強いですね。
ジークフリートは耐久性が高いようです。

しかし、今回の戦闘においてジークフリートは宝具の使用を望んでいませんでした。
戦闘においても、手加減していた可能性が濃厚です。
しかし、その理由は不明です。

一方、フランケンは近接戦はダメダメなようです。
一対一の勝負なら、おそらく4んでいたでしょう。

キャプチャ_2017_07_23_14_54_10_310
アキレウスandアタランテvsフランケン(可愛い)andケイローン

強さ判定 ケイローン>アキレウス>アタランテ>フランケン(可愛い)。

フランケンはパワー系のキャラのようです。
アタランテの強力な1本矢は弾き飛ばしましたが、その後の3本矢のうち2本は当たっていました(しかし致命傷ではない)。
キャプチャ_2017_07_23_15_47_18_535

バーサーカーですし、防がずに身体で受けるという選択をしたのかもしれないので、何とも言えないところはあります。
しかし、今回の戦闘を見る限りでは、フランケンの戦闘技術は低いと思うので、前線に出る機会が増えると長生きできないような気がします。

キャプチャ_2017_07_23_15_07_39_73
アキレウスは、ケイローンに動きを読まれていたようで、矢をもらってしまいました。

アキレウスは自分の宿敵を、黒のアーチャーだと宣言しました。
ケイローンはアキレウスの事を知っているようでしたね。

あらゆる英雄の師である、ケイローンなので、アキレウスは彼の弟子だったのかもしれません。
これは、師弟対決になるのかもしれません(楽しみ)!

キャプチャ_2017_07_23_15_18_06_482
ホムンクルスに生きる道を示すアストルフォ

ホムンクルスは生きる意味を見出せず、生きることを迷っていました。
そんな彼に対して、「好きなように生きればよく、生きている限り、生きたいと願うべきだ」と伝えます。

アストルフォは少し恥ずかしかったのか、彼の顔を直視して言いませんでしたね。
これに触発されたホムンクルスは、彼女と共に逃げることにしました。

キャプチャ_2017_07_23_15_18_37_405
サーヴァントになっても生前の生き方を貫くアストルフォと、それに感化されるジークフリート

ここは泣ける場面でした。
管理人は、感動して涙ぐんでしまいました。
アストルフォは生前の自分の生き方を貫き通すつもりのようです。

ジークフリートは彼女のそんな姿を見て、自分の願望を思いだすことが出来ました。

キャプチャ_2017_07_23_15_28_28_491
ジークフリート「一度でいい・・・自分の意思で誰かを助けてそれを誇りにしたかったんだ。」
生前のジークフリートは、民衆の願望の善悪を問わずに、叶えていました。
自分で考えることなく、他人に選択を委ねることが間違いだと思
いながらもやってしまうというところがあったようです。

しかし、今回はアストルフォのおかげで彼は自分で選択する事が出来ました。
自分の命を犠牲にして、ホムンクルスを助けるという選択、すなわち、自身の願望を叶えることが出来ました。
そして、消滅しました。

キャプチャ_2017_07_23_15_48_40_958
ホムンクルスの命、魂を守ることを誓うジャンヌダルク(ルーラー)。

このままでは、ホムンクルスを狙う黒の陣営vsジャンヌダルクvsルーラー暗殺を狙う赤の陣営という構図が出来てしまう可能性があります。

ジャンヌダルクが危険ですね。
心配です。

オマケ
キャプチャ_2017_07_23_16_14_59_316
貴重な令呪を無駄なことに使ってしまう、ちょび髭おじさん

令呪は3回しか使えない絶対命令権ですが、それを2回分も消費してしまいました。
しかし、サーヴァントは消失したので結果オーライですね(HAHAHA)。

1人での考察は限界があるので一緒に考察していただけると嬉しいです。
ネタバレはご容赦ください。
最後まで見ていただき、ありがとうございました!
スポンサーリンク