プリンセスプリンシパル】3話のガチ考察と感想 アンジェの決意 ベアトリスの過去 任務開始 アニメ
キャプチャ_2017_07_24_13_00_26_198

この記事を読むのにかかる時間:約1分40秒
こんにちは。
考察の鬼(妄想バカ)の管理人による「プリンセスプリンシパル」3話の考察・感想記事です。

それでは内容に入っていきます!

キャプチャ_2017_07_24_10_23_07_767
自分が女王になりたいとアンジェに訴えるプリンセス(王位継承権4位)

いきなり考えさせられる場面から始まりました。

アンジェは、プリンセスが女王になりたいという願いは建前だと思っていたようです(前回のコメントで、同じような考えの方がいらっしゃいました)。

しかし、一緒に逃げて二人で静かに暮らすというアンジェの提案を拒否しました。

この場面のアンジェは、本音で語っているように見えました(スパイのアンジェではない)。
声や顔つきから、そう判断しました。

つまり、この場面でのアンジェの声は地声だと考えられます。
キャプチャ_2017_07_24_13_12_39_593
このご時世、友人と仲良く暮らすというのも悪い事とも思えません。
つまり、プリンセスは女王になる事に強い執念を燃やしていることが分かります。

女王になる目的は「アルビオン王国内を2つに分ける壁を無くすこと」。
美しい願いです。

捻くれ者の私は、裏があるかと考えましたが、現時点では判断が出来ませんね。

キャプチャ_2017_07_24_10_42_35_840
プリンセスの願いを聞き入れたアンジェ

この場面ではに注目しました。

いつもの(スパイ時)の声であれば、嘘の可能性も浮上してきたのですが、正直微妙な感じの声でした(中間くらい)。

アンジェ「私が騙してあげる、貴方も、世界も、私自身すらも」。
貴方を=プリンセスをプリンセスの変装で騙す。
世界も=プリンセスが女王になるような世界に変える。
私自身も=プリンセスに対する自分自身の本心を騙す。
といった感じでしょうか?

キャプチャ_2017_07_24_10_59_51_816
ベアトリスの声が機械声に変わった場面。

ベアトリスには、父親の実験材料にされたという悲しい過去がありました。
おそらく、父親の目的は「変幻自在の声」というものを機械で実現したかったのだと思います。

「姫様、姫様・・・」と泣きながら機械声で繰り返す場面は、なかなか応えました(悲しい)。
キャプチャ_2017_07_24_13_14_10_667

キャプチャ_2017_07_24_11_45_16_396
プリンセスを守る決意を新たにするベアトリス。
いい顔をしていますね。

ベアトリスは機械人間などと呼ばれ、いじめられていた頃に、プリンセスに救われた(友達になった)という過去があります。
キャプチャ_2017_07_24_14_32_34_452

そのため、プリンセスに対して心の底から感謝しているようです。
悲しいことに、ベアトは父親はもちろん、母親からも冷たくされていました。
そんな彼女の唯一の救いがプリンセスでした。
おそらく、プリンセスに対する想いは自分の命よりも重く強いものでしょう。

スパイのアンジェがプリンセスとそっくりのため、入れ替わりを考えていると睨んでいるようで、スパイを敵視しています。

キャプチャ_2017_07_24_12_15_48_194
作戦:空中戦艦グロスターから共和国ポンドの原版回収任務

ついに、作戦開始です!

そんな作戦に、ベアトは付いて来ました。
理由は、アンジェがプリンセス入れ替わりを考えていると睨んでいるため、姫様が心配だったのでしょう。

しかし、服装がどう見てもスパイの任務向きではありません(かわいいから許す)。

キャプチャ_2017_07_24_14_47_13_878
よく分からなかったシーン

ドロシーの目的はなんだったのでしょうか?
潜入の手助けをしたという事しか分かりませんでした。

キャプチャ_2017_07_24_12_02_11_736
アンジェに対するベアトの考え方が、少しだけ変わったかもしれない場面。

この場面は、どっちつかずの場面でしたね。

ベアトはスパイへの協力を拒否していました。
しかし、自分が捕まることでプリンセスの迷惑になるという事や、アンジェが「プリンセスのために4ね」などと言ったことから、アンジェを見直した可能性があります。

実際、この後の彼女は協力的でした。
しかし、プリンセスが共和国側と結託していたという真実が明るみに出ることは、共和国側にとっての痛手にもなります。

この事から現時点では、アンジェを見直したとは断言が出来ませんね。

キャプチャ_2017_07_24_12_49_03_768
原版をベアトに託すスパイのアンジェ

ベアトのアンジェに対する考え方が180度変わる場面。

この段階では、アンジェの事を「アンジェさん」と名前で呼んでいました。
「自分はいいから原版を持って脱出して」と言うアンジェに対して、命よりも任務を優先するスパイの事が理解できていませんでした。

しかし・・・・

キャプチャ_2017_07_24_12_56_46_860
アンジェ「私は、ここで4んでもただのスパイよ、でも、貴方が捕まったらプリンセスが疑われる。」

「そんなこと絶対に許さない!」


これを聞いた時、ベアトのアンジェに対する考え方が180度変わりました。
この後、ベアトは嫌いな機械の声を使い敵兵士を騙し、2人は無事に脱出して任務は成功しました。

もう、ベアトリスは立派なスパイの一員だ!

キャプチャ_2017_07_24_13_00_26_198
リスみたい(ボソッ)。

キャプチャ_2017_07_24_14_40_05_324
プリンセスと自分達が仲良くなったきっかけについて考えるドロシー達。

ここは、ドロシーの個性が出て面白かった。
ドロシー「仲良くなったきっかけは趣味のウイスキーというのは?」

ウイスキーって、おっさんですか(笑い)。
ちなみに、ドロシーは20歳です(2話にて)。

この後、アンジェも案を出しましたが、「ウミガメの産卵マニア」というのはどういう意味だったのでしょうか?
アンジェによると「言葉通りの意味だけど。」だそうです。

オマケ ベアトリスの可愛いシーン(小声)
キャプチャ_2017_07_24_12_48_09_993
風で目をやられているのか分かりませんが、よく分からない感じの顔になっています。
よく分かりませんが、かわいいです。

オマケ その2
キャプチャ_2017_07_24_14_54_28_675
水兵服を着こなすベアトリス

ベアトの水兵服姿はなかなか様になっていて、かわいかったです。

1人での考察は限界があるので一緒に考察していただけると嬉しいです。
ネタバレはご容赦ください。
最後まで見ていただき、ありがとうございました!
スポンサーリンク